アウトリーチ活動

プティバレエスタジオでは、2005年12月より、アウトリーチの実践に取り組んでいます。「アウトリーチ(文化・芸術普及活動)」とは、本来、「手を差し伸べる」という意味で、芸術の観点では、日頃芸術や文化に触れる機会が少ない方に対し、こちらから出向いて芸術の素晴しさ、感動を伝えていく活動を意味します。バレエを通したアウトリーチには、

  • 劇場に足を運べない方や、バレエに触れる機会が少ない方に、バレエとはどのようなものか伝える事ができる。
  • 舞台と客席、出演者と観客が近いことで、感動を身近に感じ共有することができる。
という、表現者側と受け入れ側の双方に素晴しい効果があると考え、準備を進めてまいりました。
具体的には、病院や施設を訪問し、60分以内のプログラムの中で、バーレッスンでの基礎実技や、短い曲を踊り、バレエとはどのようなものかを伝えたあと、観客の方々と触れ合うというものです。
アウトリーチには、上記の大きな目的がありますが、出演者側にとっても、アーティストとしての魅力が観客にダイレクトに問われる貴重な舞台でもあり、跳ね返る反応は表現者にとってのかけがえのない自信となり、能動的な行動力を育むことに繋がります。

アウトリーチ出演、参加希望者は随時募集しています。ただし、訪問先により、年齢等指定が有ることもありますので、希望された方の中より、経験と年齢を考慮して、こちらできめさせていただきます。
お手伝いしてくださる保護者様方は随時募集しています。訪問先が病院、施設になるため、お手伝いは大人の方のみとなります。お手伝いの内容は、会場でのバーのセッティング、観客(施設の方)への声 掛け、写真、ビデオ撮影、片付け等です。一人でも多くの保護者様にアウトリーチの意図をご理解頂き、賛同頂けたらと願っています。アウトリーチの日程につきましては、決まり次第、随時本部スタジオ1階に掲示していますので、お力をお貸ししていただける方は、ぜひ声を掛けてください。
ご協力よろしくお願い申し上げます。